一軒家

住まいのこだわりは妥協しない|リフォームや新築にも頼れる

マイホームは中古も人気

笑顔のメンズ

中古の魅力とは

結婚をして子どもを持つと、マイホームの購入を考える方は急増します。家族と生涯生活していく家を建てることは、人生における大仕事といえます。家の購入では、中古物件か新築物件かどちらを選べば良いのか戸惑いがちです。滋賀県の大津市では、多くの方は中古物件を選択しています。中古物件が大津市で人気なのは、家を購入する価格が安いからです。新築と比較した場合、土地の面積が同じでも中古物件は半額で購入ができます。家の築年数が20年以上の場合、ほとんど土地値で購入できるのです。その他にも、建築後の建物の状態をしっかり見極められることも魅力です。新築の場合、家の建てられ方によっては柱などの傷みが激しくなることがあります。中古物件だと、家の変化を慎重にチェックできるので安心です。

購入する際に確認すること

滋賀県の大津市には、駅周辺などに多くの中古物件が販売されています。実は、中古物件を買う際は、1つ気をつけるべきことがあります。それは、家のリフォームを行うこと前提にして購入する事です。というのも、10年以上の大津市の中古物件はリフォームがたいてい必要になるからです。したがって、予算ぎりぎりの物件を購入するのは控えたほうが良いです。家の水廻り・クロス張り替え、外壁塗り替えなどにリフォームが必要なことが多いです。その他にも、希望に応じて、和室を洋室にする、ウッドデッキをつけるリフォームを行います。リフォーム代は、最低でも100万くらいは手元に用意したほうが良いです。水廻り、フローリング、クロス、外壁など全体的なリフォームの場合、300万くらいは必要です。