一軒家

住まいのこだわりは妥協しない|リフォームや新築にも頼れる

住宅ローンが苦しいなら

スーツの男性

なるべく高く売るために

任意売却は、住宅ローンなどが大きな負担となって支払いが困難になってしまった場合に自宅を手放すことです。通常は住宅ローンを支払っている最中のものは住宅ローンの支払いを終えてからではないと売却することはできません。しかし、毎月の支払いで生活が圧迫されている人の多くはそれができず、競売などにかけらえると残債よりも安い売却額になるため多くの借金が残されてしまうケースがあります。任意売却は住宅ローンの支払いを終えなくても住宅を売却し、その売却益で住宅ローンの残債を支払うことができる方法です。競売になるよりも高額で売却できる傾向が高いので、売却後に残ってしまう借金の額が競売よりも少なくなるというメリットがあります。

早めの行動が吉

任意売却は自分が「やりたい」と思っていても債権者の同意がなければ行えません。そのため、自分一人で悩むよりもまずはプロに相談してみることが重要です。専門家に相談することで住宅ローンを組んでいる銀行などの同意を取り付けやすくなります。しかし、専門家に相談したからと言って必ず任意売却ができるというわけではありません。任意売却を行うためにはある程度の日数が必要になるため、競売が数日後に始まってしまうというタイミングでの相談では希望通りにいかないケースがあります。住宅を残すために相談が後回しになってしまいがちですが、住宅ローンが苦しい、支払えそうにないと判断した時には早めに専門家に相談することで任意売却によってその後の生活が大きく変化していきます。